アガリクスエキス 1.5g×60袋 松浦漢方

4,800円(税込5,184円)

購入数
›› オプションの価格詳細はコチラ
1箱
3箱
5箱


発売元 松浦漢方
「アガリクスエキス 細粒 1.5g×60袋」は、アガリクス茸に冬虫夏草・マイタケを加えた健康食品です。アガリクス茸は、β-グルカンや多糖類などを多く含有しています。本品は、アガリクス茸に、冬虫夏草、マイタケをプラスし、優れた栄養補助食品となっています。
アガリクス茸の成分を100%生かせるフリーズドライ製法で飲みやすく仕上げました。健康維持にぜひお役立てください。

内容量:90g(1.5g*60袋)

1日量(目安):3袋

アガリクスとは
アガリクスは1965年にブラジルで日本人が初めて栽培に成功したキノコで、学名は「アガリクス・ブラゼイ」、姫マツタケ、カワリハラタケとも呼ばれています。アガリクスはもともとはブラジルのビエダーデ地方特産のキノコですが、その成分が注目されるようになりました。アガリクスの成分はタンパク質が約40%と多く、その他にビタミンB2・D、マグネシウム、カリウム、リノール酸、リン脂質が含まれています。また、キノコ特有の成分β-グルカンの含有量が多いのも特徴です。

冬虫夏草とは
冬虫夏草は、夏になって虫が茸になる姿からその名が付き、中国では「虫草」とも呼ばれます。キノコが蝶、蛾、ハチなどの幼虫に寄生したもので、幼虫の養分を吸収し夏になると発芽して草になります。18種類のアミノ酸をはじめ、ミネラル、ビタミンなどが含まれています。

舞茸(マイタケ)とは
マイタケはサルノコシカケ科のキノコで、幾重にも重なる豊かなひだ状の傘が舞い姿に似ているところから、その名が付いたと言われます。野生では少量しかとれず、貴重な食用茸として大切にされてきました。1975年頃から裁培が始まって以来、食用としてだけでなく、その高い栄養価の研究が広く進められています。

この商品について問い合わせる この商品を友達に教える 買い物を続ける

RSSATOM